時間とお金の節約!効率良くスムージーライフを楽しむ!

毎日飲むグリーンスムージーは安く手軽に済ませたい!

 

グリーンスムージーは毎日飲むことで置き換えダイエットや美容などに影響が表れます。粉末のグリーンスムージーは安いものなら1杯あたり100円以下で購入できて、お手頃にスムージーライフを始めることができます。グリーンスムージーは新鮮さが命なので、冷蔵で2,3日保存が効いても作ったその日に飲みきることが推奨されます。

手作りのスムージーで大変なことは、毎日野菜と果物を切り刻んでミキサーにかけて、全部飲み切ったかを心配しなければいけないことです。

野菜と果物の値段は変動するものなので、値段が高騰している時などはスムージーにするのがをもったいないと感じることもあります。なるべく安く手軽にスムージーライフを満喫したいと思うなら、スムージーと余った材料の新鮮さを保つ保存方法を覚えておくと時間とお金の節約になります。

手作りスムージーが面倒な日は粉末スムージーを利用する

毎日続けるグリーンスムージーは手作りをしているとどうしても面倒になることがあります。スムージーを作る気がしない日の為に、粉末のスムージーを用意しておくのがおススメです。

普段は手作りのグリーンスムージーを飲むようにしていも、気が乗らない時は水に溶かすだけのグリーンスムージーで、手軽に栄養補給しちゃいましょう。粉末スムージーでも手作りスムージーでも置き換えイエットにメリットのある食物繊維などの栄養素を接種することができます。たまに楽することを覚えると継続しやすいです。

作りすぎたスムージーや余った材料を保存する方法で無駄を省く

 

手作りスムージーを毎日作っていると、スムージーを作りすぎてしまったり、飲み切れなかったり、野菜や果物の材料が余ってしまう時があります。飲み切れなかったり、作りすぎたグリーンスムージーは冷凍と解凍の仕方に気を付ければ極端に酸化することや栄養が損なわれることを防ぐことができます。

野菜と果物が余ってしまった時も冷凍方法に気を付ければ、長く品質を保つことができます。上手な保存方法を身に着けて、効率よくスムージーを飲み続けましょう。

余ったグリーンスムージーを保存するなら製氷皿を使うのがポイント

グリーンスムージーは1日で飲み切ることが推奨されていますが、忙しい人やズボラな人は毎日ミキサーを回すのも大変です。そんな人はまとめて作り置きしたものを冷凍保存しておきましょう。1つのフリーザーパックにまとめて保存してしまうと、凍るのにも解凍するにも時間がかかってしまうので、小分けに冷凍するのがポイントです。

製氷皿にスムージーを入れて固まったらフリーザーパックに移しておけば、小さくまとまったスムージーの氷ができあがります。スムージーの氷は湯銭にかけて解凍すれば、栄養が損なわれるのを最小限で防ぐことができます。

製氷皿がない時は、コップ1杯分のスムージーをフリーザーパックに薄く平らになるように入れて保存しましょう。解凍する時は薄く固まったスムージーを小さく割って湯銭で溶かせば時間をかけずに毎日スムージーを飲むことができます。

余ったスムージー用の野菜と果物を保存するには空気を良く抜く

安売りしていた野菜と果物を大量に購入したら冷凍保存をしておくのがおススメです。良く使われる葉物野菜はほうれん草と小松菜ですが、スムージー用に保存する時は茹でずに洗ったほうれん草の水気を良くきってから、ざく切りにしてフリーザーパックに入れて冷凍保存します。

この時、薄く平らになるように並べて空気を極限に抜くのがポイントです。バナナは皮ごと冷凍すると黒くなってしまうので、皮をむいた状態のバナナの筋を取って、半分か3等分にカットしてフリーザーパックに入れて冷凍保存します。

他の果物や野菜でも、加熱しない、水気をふき取る、平らに並べることを心がければ、常温よりも新鮮な状態を保つことができます。いくら冷凍しても長期保存には向かないので早めにスムージーを作るようにしましょう。

冷凍したスムージーや冷凍野菜で作られたスムージーは、新鮮なスムージーと比較すれば間違いなく味が落ちています。忙しくて毎日作ることができない人向けのやむを得ない方法と思いましょう。

こちらのコラムも人気です!