自己流じゃダメ!?グリーンスムージーの正しい作り方と飲み方!

グリーンスムージーで置き換えダイエットをする際注意したいポイント

 

グリーンスムージーが注目を集めているのは野菜と果物を合わせた如何にも健康と美容に良さそうな飲み物だからです。事実、グリーンスムージーは野菜と果物と水しか使わない低カロリーな飲み物で、置き換えダイエットにも最適です。

グリーンスムージーのメリットは自分で簡単にミキサーで作れることですが、自己流のレシピでは置き換えダイエットや美容には大きく作用せず、体の不調の原因になってしまいます。

グリーンスムージーに適した野菜を覚えたり、体を冷やさないようにしたり、飲み方やの飲む量を間違えなければ、自然とグリーンスムージーのメリットを実感できるようになります。グリーンスムージー置き換えダイエットをする時はちょっとしたルールを気にして、楽しくビューティーライフを楽しみましょう。

自己流とさようなら!正しいグリーンスムージーで効果を実感

 

自己流でグリーンスムージーを作るメリットは自宅のミキサーで手軽に作れるのと自分好みのカスタマイズがしやすいということです。問題なのは自分好みにカスタマイズしすぎると、グリーンスムージーではなくなってしまうということです。

自宅に溢れている野菜ばかりを材料に使っていると栄養が偏る原因になるで注意しましょう。いつも同じ野菜を中心に使ってしまう人は粉末状のグリーンスムージーを使うのがおススメです。市販の粉末状のスムージーはお手製のスムージーと比較してもはるかにたくさんの野菜や果物が入っています。

粉末状なら自己流にアレンジする必要がなく、計画表などもついてくるので効率よく効果を実感しやすくなります。

グリーンスムージーに適した野菜や果物

グリーンスムージに適した材料は緑の葉野菜です。ビタミンやBカロテンが豊富なほうれん草や小松菜、チンゲン菜、モロヘイヤなど緑の濃い葉野菜を使うのがポイントです。でんぷん質の多いキャベツ、カボチャ、にんじん、白菜などは果物との食べ合わせが悪いので、グリーンスムージーの公式ユニットでもおススメしていません。

果物は一般的に入手しやすいリンゴ、ミカン、オレンジ、バナナ、ブドウなどは糖質さえ注意すれば自由に使用することができます。グリーンスムージーの野菜と果物の黄金比は6:4です。果物の糖質を取りすぎると本末転倒になるので注意しましょう。

グリーンスムージーの1日の摂取量は約1~2L

グリーンスムージーは単体で咀嚼しながら飲むことで栄養素が体に吸収されやすくなります。グリーンスムージーを飲用する前後は40分ほど何も食べないようにすると効果的です。1日にスムージーを飲む量の目安は約1~2Lで、小分けして飲むのが定番の飲み方。

人によっては飲む量が限られるので、慣れるまでは自分の飲める分の量だけを作るようにすると無理せず継続できるようになります。また、グリーンスムージーは1度作ると冷蔵庫で2~3日保存できますが、なるだけ新鮮なものを飲むようにすると体への吸収率が上がります。

グリーンスムージーは冷えに注意!?体を冷やさない飲み方

グリーンスムージーは冷蔵庫に保管しておくものなので、特に冷えに注意しなければなりません。グリーンスムージーを飲んでなかなか影響が実感できないのは冷えが原因の可能性が高いです。グリーンスムージーを飲む時は常温に戻すのが基本。

冬じゃなくてもエアコンの効きすぎた部屋で冷たいままのスムージーを飲むと体が冷えてしまうので温かい白湯と一緒に飲むと冷え対策をすることができます。日中や入浴タイムなどの体が温まりやすい時に飲むようにするのもおススメです。特に夏が旬の果物や南国産の果物は体を冷やす効果が強いので入れる量にも注意する必要があります。

こちらのコラムも人気です!