スムージーだけじゃない、置き換えダイエットの極意

置換えダイエットとは何か

 

置換えダイエットなら摂取カロリーを減らせる

ダイエットの為にグリーンスムージーを生活に取り入れようとする人は少なくありません。しかしグリーンスムージーをダイエットに取り入れるのであれば、理解しておけなければいけない概念があります。それが置換えダイエットです。

置換えダイエットとは、一日三食、食べている食事のうち一食、もしくは二食をダイエット食品に置換える、というもの。そうすることで必要な栄養を取り入れながら、摂取カロリーを減らせる、というメリットがあるのです。

そしてグリーンスムージーをはじめる女性の多くは、この置換えダイエットを目的としています。晩御飯に焼き肉を食べて、わかめスープを飲んで、そこからケーキを食べるとかなりのカロリーとなりますよね。ところがその晩御飯を粉末グリーンスムージーに置換えたらどうでしょうか。一日に摂取するカロリーを減らすことができますよね。

グリーンスムージーは朝食代わりになる

ではこの置換えダイエットにグリーンスムージーを取り入れる場合、どのタイミングで飲むべきなのでしょうか。一番良いのは朝食です。朝食を抜けば一日のカロリーを抑えられると考える人もいるかもしれませんが、朝食を抜くことは実はイライラしやすくなるなどデメリットが大きいのです。

例えば、朝食を抜いたまま会社に出社して、イライラした感覚のまま業務をこなしたとします。そのような状態で果たしていい仕事ができるでしょうか。パソコンに向かう仕事であれば問題ないかもしれませんが、営業や接客業だと、笑顔や言葉使いにイライラが出てしまうリスクがありますよね。

その為、朝食を抜くべきではありません。そこに朝食代わりになるグリーンスムージーを取り入れたらどうでしょうか。忙しい朝の時間でも粉末なら1分以内に作ることができますよね。尚且つ栄養もしっかりと取り入れられるのでイライラする可能性も低くなるといえるでしょう。

無駄なカロリーを摂取せずに、栄養を取り入れるわけですから健康にとっても安心です。このようにグリースムージーは置換えダイエットとして活用できるのです。

置換えダイエットの極意とは

 

食べ物は一日一食のルールを守ろう

置換えダイエットは人気があるダイエット方法の一つですが、その極意は一体どのようなことなのでしょうか。どんなことでも共通していえることですが、最も大切なことは常にシンプルです。スポーツであれば基礎の身体づくりが全てであり、数学も基本となる数式を理解していなければ応用問題を解くことはできません。

では置換えダイエットの極意であり基礎ともいえる、最も大切なルールとは何なのでしょうか。それは「食べ物を一日一食」とすることです。つまり置換えダイエットとして、一日三食のうち二食を他のダイエット食品に置換えてしまうのです。そうすると自然と一日で摂取するカロリーが少なくなりますよね。

シンプルなことですが、健康意地の基本は身体に取り入れるカロリーの量を減らして運動することです。その為、置換えダイエットを一日二食にするだけでダイエットは成功しやすくなるのです。

置換えダイエットはグリーンスムージー以外のものでも実践できる

置換えダイエットで取り入れるダイエット食品は、グリーンスムージー以外でも代用可能です。それは食事の代わりに、生のフルーツを一つだけ食べることでもいいでしょう。または栄養素が凝縮されたダイエット食品を少量取り入れることもできます。

それ以外には栄養たっぷりのゼリーやドリンクを飲んでもいいかもしれません。視野を広げれば健康をサポートする健康食品は世の中に沢山あるのです。グリーンスムージーを毎日飲むことに飽きた場合は、そういった食品を平行して取り入れることを比較検討しましょう。

このようなちょっとした工夫をすることで、置換えダイエットは無理なく継続しやすくなるのです。

こちらのコラムも人気です!